category

Sep 10, 2013

9 STATES JAM

156
Matt Reyes

143
Ed Wonka

092
Jaoa Danaikrit

179
Devon Lawson

先日熊本でおこなった9STATESJAMについてのレポを書かせて頂きます。まず始めに急な企画進行にもかかわらず協賛してくださった企業様、雨の為、急な会場の変更にもかかわらず参加してくださったライダー、オーディエンスの方々本当にありがとうございました。皆様のお力添え無しでは開催すらもままならない状況だったと感じております。この場をお借りして改めてお礼申し上げます。
では、肝心のレポートですが、今回雨天だった為、熊本の室内パーク"スケートXランド"での開催でした。このパークはR,バンクなどが大きく、室内にオーディエンスの方々も居た為、ライダーにとっては、とてもタイトなラインではなかったかと思います。率直に感じたのはフラットでのトリックはほとんど無くRからのエアー、レール、カーブへのグラインドが主な武器となったのではないでしょうか、その中でも海外勢4人はそれぞれのスタイルを全面に出していたと思います。日本からは本大会2位のTOYO、OsakaFunny、はスタイル、メイク率共に安定したライディングを見せてくれました。その他日本のライダー達もスタイルを意識したライディングが多くオーディエンスからするととても面白い内容だったのではないでしょうか。日本勢で勢いがすごかったのはMARCO、RSK、海外顔負けのぶっ飛んだトリックで会場を沸かせてくれたのは間違いありません。Fixed界のレジェンド Ed Wonkaは流石の勢いがあり彼のライディングは彼にしか出せないスタイルでした。 Devon はBunnyHopで1mを飛び、10年以上のBMXのキャリアを持つJaoa  は日本では見たことも無いようなトリックの数々を連発していました。そして今大会の優勝者 Matt はやはり他のライダーとは一味違うスタイル、トリック、彼の人間性、ライディング対する姿勢にただただ感激していました。 
このようにして開催された9STATESJAMでしたが皆様の記憶の中に今大会のことが残り、FGFS界に少しでも貢献できると幸いです。本当にありがとうございました。

大会の写真はこちらから BOB_Woods  Aosy Devour
AOSY


No comments:

Post a Comment