category

Oct 15, 2013

Noridaore'13

noridaore'13 500_2 MARCO 360

noridaore'13 512
OsakaFunny Nohand
noridaore'13 398
RSK Nohand

 大阪で開催された のりだおれ にDEVOURFILMSから Suzkid Seiya Aosy で参加してきました。今回で開催4回目を迎える今大会は年々盛り上がりが大きくなっており、のりだおれ特有のストリートを強く意識したセクションはライダー達の想像力を強く働かせ個々のストリートでの攻め方が垣間見え、とても見応えのある大会だったと強く感じています。
 今大会はエキスパートクラス、エリートクラス、のりだおれクラスと3つのクラス分けがされており、その中でも全国のトップライダーが集まる"のりだおれクラス"は流石の一言でした。大きなセクションから繰り出される180、360、Bunnyhop、Barspin、そしてダウンレールや巨大なBoxでの豊富なグラインド、フラットでの軽やかなトリックの数々。どれをとっても規格外のスキル、大きさ、速さに脱帽でした。
 今大会3位のRSKは先日のWheeltalk invades japan tourの際にUS VERSUS THEMのチームライダー入りを果たすなど今現在、日本の若手FGFSライダーで最も勢いのある1人ではないでしょうか。彼の得意とする大きなセクションに向かっていく姿勢は今大会でも発揮され、高いエアーから繰り出されるノーハンド、180等を見ていると遂に世代交代が行われるのでは・・・と感じていました。
 が、しかし2位のOsakaFunnyは相変わらずの無敵感満載のライディングをみせてくれ、700cの大きな魅力であるダイナミックさ、そして安定感のあるメイク率を見ているとどんな大会にもしっかりと決勝まで食い込んでくるのにも納得できました。
 そして、1位のMARCOはフレームが変更したばかりで慣れない様子でしたが、決勝に進む度ライディングにも安定感が増してくる辺りが流石だと感じました。彼の得意とするグラインドの豊富なスキルには常にストリートを攻めているのがひしひしと伝わってきました。あの巨大なBoxでの180フィーブルやダウンレールでのトゥースピックハングオーバー、360ドロップなど要所、要所でメイクする度胸も優勝につながった大きな要因だと思います。
 何より、この全国規模の大会を4年も開催していただいたアユムさん、ファニーさん、大阪若手勢の方々。本当に感謝です。また是非来年も開催されることを楽しみにしています。

その他の写真はこちらから Aosy'sFlickr

Posted by Aosy

No comments:

Post a Comment